熊本県荒尾市での地域再生の取り組みを視察しました。

中央通りの商店の有志5人が集まって、試行錯誤を繰り返しながら、がんばっています。

青研荒尾市役所を訪問した後、青研を訪れました。

この青研こそが、地域再生に一役買おうとしています。

ワイナリー国の地域再生マネージャー事業やパッケージ事業を利用し、最初は商店街でワインを作ろうと、日本で一番小さいワイナリーを始めました。

焼酎ばかり飲む店主たちにとって試行錯誤が続きます。

このワイナリーでの収益を地域再生に!が最初の思惑だったそうです。

有志5人が出資しあい、資本金50万円の企業組合を立ち上げ、ワイナリーの取り組みに対する一口1万円のサポーターを130人集めました。

しかし、酒造免許が必要で、取得のため税務署の説得に1年かかったそうです。

この間に、売り上げの15%を青研が得る、地元野菜を農家出荷組合の委託販売(青空市)もはじめた。

青研最初は1日に3~4万円程度の採算ラインには程遠い売り上げであったが、顧客の大半の近所のお年寄りのニーズを聞き、身の回りの品も備え、半年後には1日10万円程度となりました。

生産者情報お店に並ぶ地元野菜の生産者の顔も見えるようになっていました。

これらの2本立てコミュニティビジネスのモデルは参考になるところが多く、地域による地域のために欠かせない存在になるだろうと思います。

熊本県では、半径300m、150世帯を対象としたこのようなローリスクのスモールビジネスのモデルを「徒歩圏内マーケット」と位置づけ、推進を始めたようです。

清田さんこの事業を立ち上げた5人のうちの一人、清田さんは、青研の隣で写真屋さんを営んでいらっしゃいます。

他の4人も、自転車屋さん、電気屋さんなど、地域のお店を経営して、それぞれに本業をもっていらっしゃいます。

清田さんによると、このビジネスで大切なのは、実は計算や計画よりも、販売している人とお客さんのコミュニケーションだったり、一緒にがんばっている5人のチームワークだそうです。

この事業では、儲けないほうがいい・・・本業ができなくなる・・・そうです。

それにしても、清田さん、いい笑顔です!