今回、私は上程されている中の2つの議案に対して質疑を行った。

何れも水道部の組織変更にともなう条例改正について。

上水道部門が環境部に、下水部門が都市建設部に、

それぞれ統合されるというもの。

これにより、私が懸念したのは、ライフラインである安心・安全な水道水の安定供給です。

24時間体制で監視されている水道水ですが、その管理業務体制が変更され、対応が遅れたりしないかということ。

答弁によると、水道総務などの主に事務に係わる部門が、現在の水道庁舎から、現在環境部のある北庁舎に移るが、管理業務を行う部門は現状のまま変わらないとのこと。

管理業務体制の実質変更はなさそうなので、とりあえずは安心しました。

水道に係わるさまざまな手続きも、窓口が市役所本庁付近にかたまるので、むしろ便利になるでしょう。

この組織統合は、効率よく業務を行う、スリムな市役所を目指した行革の一環です。

必要な取組みだと思います。