いよいよ、子宮頸がん予防(HPV)、ヒブ、小児用肺炎球菌のワクチン接種が無料になります。

国の補助を受け、現在開会中の議会で、その補正予算が可決される予定です。

いずれも、来年1月以降、準備が整い次第、実施予定です。

≪ワクチンの種類と助成対象≫(詳細は市にお問合せください)

子宮頸がん予防(HPV)・・・中1(13才)~高1(16才)の女子 3回接種

ヒブ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・0~4才の乳幼児(0才時3回、1才時1回)

小児用肺炎球菌・・・・・・・・・0~4才の乳幼児(0才時3回、1才時1回)

予算額は、約1億円を見込んでいます。

内、国の補助は1/2。つまり、約5千万円は市の負担です。

高1の娘さんで、予定のある方は、お急ぎになっった方がいいと思います。