何もかもうまくできるほど、私たちの、みなさんの自治体は、議会は、仕事ができているでしょうか?

そもそも、議会の仕事って、議会で「できること」・「しないといけないこと」って、何でしょう。

そして市民は、選挙のときだけ関わればいいのでしょうか?

いえいえ、自分たちのまちのこと、もっと関わる方法があるのです。

「市民が議会を『使って』自分たちのまちを作る」実は、そんなまちがあちこちに現れ始めています。

「形だけの市民の代表」から「市民の考えを代表して、進む道を決める場」へ。

ひとりひとりの市民が議員が変われば、議会も変わり、まちも変わります。

市民も議員もいっしょになって、未来のまちを作るための第一歩を、ここから始めましょう。

11月27日(土)・愛知県刈谷市にて

『市民と議員の条例づくり交流会議2010in東海』が開催されます。

テーマは「東海から変える!市民と議員のチカラ(仮)」

皆さん、参加をお待ちしています。

詳細は、後日アップしますが、取り急ぎ下記HPをご参考に。

http://www.citizens-i.org/jourei/