行政視察に行って、いつも思うことがある。
地方自治体が行っている施策を視察するのだが、そのほとんどが、国からの補助を使ったもの。
国からのお金を使って、国の方針に沿って・・・って説明がくっつく。
そのために、国に申請して、陳情して・・・
私は、税源と権限を地方に移すべきと思います。
経産省も国交省もいらない。
国に残すのは、外務省、国防省、財務省くらいでいい。
日本全国が同規格の時代は、とうの昔に終わっている。
優秀な国家公務員は、地方の現場に近いところに降りてきて、県庁や市役所で力を発揮すべき。