防衛省技術研究本部と川崎重工により開発、製造している次期輸送機XCー2を見学してきました。

photo:01


現在使用されている輸送機Cー1に比べ、縦も横も1.5倍の大きさ。3倍の荷物を積めます。
飛行距離はCー1が1700kmに対し、XCー2は6500km。
これは、名古屋から沖縄かシンガポールかの違い。
22~25年度にかけ、飛行試験を航空自衛隊岐阜基地を中心に行われます。
飛行機の開発は、通常10~15年かかるらしいです。
YSー11から30年ぶりの純国産の飛行機。
注目です。
iPhoneからの投稿