かかみがはらパッチワーク・キルト店

あすかホールで、キルト展が開催しているので、家内と娘を連れて訪れました。
すばらしく綺麗な作品が、展示されています。

photo:01



私の家の家業はミシン屋で、この様な布を縫うことに関しては、少しばかり知識があります。
どの作品も気が遠くなるほどの手間がかかっていますね~
私には作れそうにありません。
このキルト展は、毎年この季節に開催されています。
全国から素晴らしい作品が集ってきます。
一度ご覧になるといいと思います。
iPhoneからの投稿

Follow me!

かかみがはらパッチワーク・キルト店” に対して5件のコメントがあります。

  1. 宮本里詩子 より:

    昨年も参加させてもらいました各務原パッチワークキルト展ですが、今回(3月12~14日)も参加させてもらっています。
    私はこの5年、各務原市蘇原にあります「NPO法人クラブハウスゆうせん」でサポーターを務めております。
    それが縁で各務原市には、何度も足を運んでいます。
    今回の参加作品では、サポーターを務めている福祉施設(NPO法人クラブハウスゆうせん)と北海道障害者就労支援ロゴマークをモデルに、利用者の生活と就労を支援しています。
    議員様にも福祉施設の支援と北海道の雇用環境改善にお力添えくださるように、この場をお借りしまして嘆願させてもらいます。
    当日の来場をお待ちしていますので、何卒宜しくお願いします。

  2. 池戸 一成 より:

    コメントありがとうございます。
    私は家業がミシン屋でしたので、布を使ったものには興味があり、第2回のパッチワーク・キルト展から参加しています。今年ももちろん参加しますよ。12日の表彰式に参列します。
    また、「クラブハウスゆうせん」には友人がいて、精神障害に対しての援助の少なさについてのお話も聞いています。
    宮本さんとは、是非お話したいです。私を見つけたらお声がけ下さい。よろしくお願いします。

  3. 宮本里詩子 より:

    議員様へ

    返信、有難うございます。
    昨日の地震の影響で、本州に出向く事は難しいです。
    展示会は日程通りに開催されますので、参加者のブログや情報サイトを利用して情報発信をしていきます。
    3日間ですが、モデル先の福祉施設利用者も来場される予定です。
    施設長にもお願いしてありますので、労いの声を掛けて頂ければ幸いです。

  4. 池戸 一成 より:

    御意。

  5. 宮本里詩子 より:

    嘆願書

    岐阜新聞WEBに各務原パッチワークキルト展が紹介されていました。
    議員様にも来場者代表として、写真つきで展示会の様子や感想を語って頂きたいと存じます。
    また専門であります福祉施策や雇用に関してご意見を頂きたいので、後援会宛に嘆願書を送付させてもらいます。
    議員様のお陰で蘇原周辺が整備されました。
    遠く離れた場所で支援をしている者にとって、利用者の安全や生活が見守り易くなり、安心しております。
    利用者にとって住みやすく、豊かな環境になるように支援していきますので、今後も暖かく迎え入れて下さる事をお願いします。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

次の記事

経済教育常任委員会