市内の私の住んでる所から少し離れた自治会で、厄払いの餅まきがあったので、餅を拾いにいってきました。
餅まきは、この辺りの風習で、42才、24才などの厄年の男性が、やぐらの上から餅をまき、他の人たちに厄をひろってもらう儀式みたいなものです。

photo:01


天気はあいにくの雨でしたか、多くの人たちが集って、なかなかの賑わいでした。
餅がまかれ始めると、バトルが始まります。
上ばかり見ていても、ダイレクトで餅を受け取らないといけないので、地面も見ていないと、なかなか餅をゲットできません。
しかし、地面に落ちた餅を拾おうと、下ばかり見てると、頭に降ってくる餅がぶつかります。
とにかく、ケガをしないようにが第一です。
でも、今日の私はついてました。
親餅(一人につき一つだけまかれる大きな餅)も拾うことができました。
いいことあるかな…ニコニコ iPhoneからの投稿