各務原市消防署の救急車の現場到着までの時間は、通報から約6.7分。

全国平均は約8分なので結構速いです。

 

現在の各務原市の消防指令センターのシステムだと、通報を受けてから出動に要する時間は約1分40秒。

出動までの流れは、

  1. 通報を覚知
  2. 予告指令(出動に最適な支署・分署に準備をさせる)
  3. 電話の聞き取りで症状と場所を特定
  4. 本指令(出動)
今回導入が決まった新らしい高機能消防指令システム導入後は、
  1. 通報覚知と同時にシステムが場所特定
  2. 電話で症状などを聞き取り
  3. 本指令(出動)
となり、約40秒に短縮できるそうです。

 

心肺停止してから脳などに後遺症が残るかどうかの境目は4分だといわれています。

4分以内に到着することは困難なので、救急車到着までにAEDなどを使った緊急処置は必要です。

しかしながら、1分を争う事態での1分短縮は大きいと思います。

 

この新らしい高機能消防指令システムの導入に約3.3億円かかります。

この内、防衛省からの補助金で約2億まかないます。

近隣の消防署と比較してみると、
各務原市 可茂消防 中濃消防 多治見消防 土岐市消防
人口  15万人 23万人 11.6万人 11.6万人 6.2万人
面積  88k㎡  834k㎡  590k㎡  91k㎡  116k㎡
消防署数  7 12 8 3 2
導入金額  3.3億円 4.4億円 3.2億円 2.6億円 2.2億円
人口や消防署数のほか、消防車や救急車の台数もまちまちなので、単純比較はできませんが、もっと詳細を考慮すると金額的には妥当な線だと思います。

 

また、上記表にあるように、近隣の消防署に比べ、各務原市は人口・面積の割に消防署数が多いです。

これによって、現場到着までの時間も短縮され、他の市町より早く救急車が来るわけです。

これも安全なまち各務原の一面です。