今議会の補正予算に、システム改修の費用が上がっている。

健康管理システム

68万円

児童扶養手当システム

200万円

収納滞納システム

290万円

障がい者自立支援システム

180万円

子ども手当システム

660万円

国民年金システム

84万円

後期高齢者医療システム

110万円

 

合計で、1,600万円ほどかかっています。数字はすべて四捨五入してあります。

 

このようなシステム改修は、古くなってという場合より、圧倒的に制度が変わったことが理由で行われる。

 

ちなみに、ここ最近のシステム改修費は、

 

システム改修費

うち国の負担

H24年度

2,250万円

84万円

ここまでの予算

H23年度

1億1,950万円

0万円

決算額

H22年度

4,210万円

588万円

決算額
 

随分とかかっていますね・・・。

 

国が制度を変更すると、それに合わせて地方はシステム改修をしなくてはならなくなります。

ここにあげた金額のほとんどがそれで、しかも、ほとんど国が負担しないです。

例えば、子ども手当に関する変更だけで900万円近く使っています。(国の負担なし)

 

思いつきで行われる国の施策により振り回される、隠れた地方の負担の一部でした。

すべて国民の負担です!