各務原市では、高病原性鳥インフルエンザの発生予防やまん延防止のための対策推進を目的に、1月28日に現地対策本部を設置しました。

【市内の状況】

市内の畜産農家では、1月28日現在まで異常は確認されておらず、市は各関係機関から情報収集を行っている。

また、各農家へ消毒剤(消石灰)の配布を実施し、各農家に防疫対策をとるよう指導を行っている。

【市内養鶏農家】

市内養鶏農家数~6戸

頭羽数~役41,500羽(22年2月1日現在)

【参考:岐阜県の状況】

1月26日に対策本部を設置。1月28日現在まで異常は確認されていない。