12月議会で、待ちに待った「子宮頸がん等予防ワクチン」が無料化になる補正予算が可決されました。

約1億円の予算が計上され、内、国と市で半分ずつ負担することになります。

対象になるのは下記の通りです。

子宮頸がん:中学1年~高校1年(標準で3回摂取)

ヒブ・小児用肺炎球菌:0~4才(標準で3~4回摂取)

高校1年の娘さんがいらっしゃる方で、子宮頸がんワクチン接種を検討されている方はお急ぎください。